みな皆くる来る雑記帳

日々の暮らしに役立つ豆知識を発信していきます。

日本シリーズ2019第2戦の結果は?先発は?その他選手は?第3戦も!

f:id:hidejinjin:20191018232417j:plain

日本シリーズ2019年第2戦の結果,先発やその他選手について振り返り,第3戦の予想もしてみたいと思います。

 

日本シリーズ2019第2戦の結果は?


第1戦に勝利したソフトバンクは,対左投手対策として「1番・二塁」に川島を起用。前日に決勝弾を放っていたグラシアルを5番に,松田宣を6番にそれぞれ上げました。先発マウンドにはサブマリン右腕の高橋礼が上がります。

 

一方,初戦を落とした巨人は,前日先制のソロ本塁打を放った阿部が「5番・DH」でスタメン。大城がマスクを被り,7番から若林,田中俊,重信が並びます。先発はメルセデス

 

両チームのスタメンは以下の通りです。

 

ソフトバンク


1(二)川島
2(遊)今宮
3(中)柳田
4(指)デスパイネ
5(左)グラシアル
6(三)松田宣
7(右)中村晃
8(一)内川
9(捕)甲斐
投手 高橋礼

 

【巨人】


1(右)亀井
2(遊)坂本勇
3(中)丸
4(一)岡本
5(指)阿部
6(捕)大城
7(三)若林
8(二)田中俊
9(左)重信
投手 メルセデス

 

f:id:hidejinjin:20191021022313j:plain


5回表巨人の攻撃まで両チーム3者凡退の攻撃でした。


5回裏ソフトバンクの攻撃は,
4番デスパイネ,ファーストライナーで1アウトランナー無し。
5番グラシアル,ショートゴロで2アウトランナー無し。
6番松田宣浩レフトへヒットで2アウトランナー1塁。
7番中村晃ファーボールで2アウトランナー1,2塁。
8番内川聖一ライトフライで3アウトチェンジ。

 


6回表巨人の攻撃は,
7番若林晃弘,死球でノーアウトランナー1塁。
8番田中俊太送りバントで1アウトランナー2塁。
9番重信慎之介ショートライナーで2塁走者も返れずダブルプレーで3アウトチェンジ。

 


6回裏ソフトバンクの攻撃は,
9番甲斐拓也ショートゴロで1アウトランナー無し。
1番川島慶三ファーボールで1アウトランナー1塁。
2番今宮健太の時,川島慶三,盗塁成功し,1アウトランナー2塁。今宮健太ショートゴロの間に川島慶三は3塁へ進塁。2アウトランナー3塁。
3番柳田悠岐ファーストゴロで3アウトチェンジ。

 


7回表巨人の攻撃は,
1番亀井善行レフトフライで1アウトランナー無し。
2番坂本勇人ファーボールで1アウトランナー1塁。
3番丸佳浩セカンドフライで2アウトランナー1塁。
4番岡本和真レフトへヒットで2アウトランナー1,3塁。
5番阿部慎之助サードゴロで3アウトチェンジ。

 


7回裏ソフトバンクの攻撃は,巨人,メルセデス投手から大竹寛投手へピッチャー交代。
4番デスパイネ,サードエラーでノーアウトランナー1塁。ピンチランナー周東佑京。
5番グラシアル,レフト前ヒットでノーアウトランナー1,3塁。
6番松田宣浩センターバックスクリーンへホームランで3点入ります。
巨人,大竹寛投手から桜井俊貴投手へピッチャー交代。
7番中村晃センターへヒットでノーアウトランナー1塁。
8番内川聖一送りバントで1アウトランナー2塁。
9番代打長谷川勇也ファーストゴロで2アウトランナー3塁。
1番代打牧原大成レフトフライで3アウトチェンジ。
結局得点は3点で,3対0。

 


ソフトバンク,高橋礼投手からモイネロ投手へピッチャー交代。巨人は3者凡退。

 


8回裏ソフトバンクの攻撃は,
2番今宮健太三振で1アウトランナー無し。
3番柳田悠岐レフトへホームランで1点入ります。
4番代打明石健志ファーボールで1アウトランナー1塁。
巨人,桜井俊貴投手から高木京介投手へピッチャー交代。
5番福田秀平ライトへホームランで2点入ります。
6番松田宣浩レフトフライで2アウトランナー無し。
7番中村晃レフトへヒットで2アウトランナー1塁。
8番内川聖一ラーフライで3アウトチェンジ。
結局得点は3点で,6対0。

 


ソフトバンク,モイネロ投手から高橋純平投手へピッチャー交代。
9番重信慎之介ファーボールでノーアウトランナー1塁。
1番亀井善行ファーボールでノーアウトランナー1,2塁。
2番坂本勇人ファールフライで1アウトランナー1,2塁。
3番丸佳浩ファーボールで1アウト満塁。
ソフトバンク高橋純平投手から森唯斗投手へピッチャー交代。
4番岡本和真ライトへヒットで2点入りますが岡本和真の走塁が悪く2アウトランナー2塁。5番阿部慎之助ライトへヒットで1点入ります。2アウトランナー1塁。ピンチランナー増田大輝。
6番代打ゲレーロ,ライトへヒットで2アウトランナー1,3塁。
7番山本泰寛ショートゴロで3アウトチェンジ。


福岡ソフトバンクホークスが6対3で読売巨人ジャイアンツに勝利し,2連勝としました。

 

 

日本シリーズ2019第2戦の先発は?


日本シリーズ2019第2戦の先発は,ソフトバンク高橋礼投手,巨人メルセデス投手の投げ合いになりました。巨人メルセデス投手は6回まで投げ無失点で降板し,ソフトバンク高橋礼投手は7回まで無失点で降板しました。両投手,一歩も譲らず,0対0の投球で終えました。ソフトバンク高橋礼投手はテンポ速い投球と浮き沈みある配球で要所をしめ,巨人メルセデス投手は動くボールでソフトバンクの打者たちを封じ込めました。

 

 

日本シリーズ2019第2戦のその他選手は?


7回裏のソフトバンクの攻撃で6番松田宣浩選手のセンターバックスクリーンへのスリーランホームランは久しぶりの熱男締めでナイスなホームランでした。アッパレです♪

 


8回裏のソフトバンクの攻撃で3番柳田悠岐選手と5番に入った福田秀平選手のホームランは,結果的には試合を決めるホームランでしたから,アッパレという他ありません。

 


9回表の巨人の一死満塁の好機で4番岡本和真選手が中堅フェンス直撃の適時打を放ったのはアッパレでしたが,挟殺プレーでタッチアウトになったのはとても残念でした。1アウトか2アウトでは全く展開が変わったと思われるだけに,痛い走塁ミスでした。

 


9回表の巨人の攻撃で,岡本和真選手がアウトになった直後,5番阿部慎之助選手が右前適時打を放ち3点目を入れたのはアッパレでした。引退を表明している阿部慎之助選手ですが,主力選手の一人として活躍し,お見事というしかありません。

 


9回表の巨人の攻撃で,2アウトランナー1,3塁とし,一発出れば同点の場面で最後は山本泰寛選手がショートゴロで3アウト。山本泰寛選手は7回に凡ミスのエラーをしていただけに汚名返上の打席でしたがリベンジできず,残念な結果となりました。第3戦以降出番がまたやってくるかわかりませんが,もしチャンスがあれば,汚名返上してほしいと思います。

 


9回表の巨人の攻撃の際の高橋純平投手と森唯斗投手ですが,高橋純平投手は3四球,森唯斗投手は自責点はつきませんでしたが3失点。結果は両投手とも散々な結果でしたが,ボクはある意味,仕方がなかったのかと思います。
8回裏のソフトバンクの攻撃中,森唯斗投手は9回に備えてブルペンで投球練習をしていましたが,3点追加点が入った関係で,急遽登板が変更され高橋純平投手に投球の機会が巡ってきたわけですが,高橋純平投手にしてみればこれまた急遽の登板変更となり,十分な準備が出来ないまま9回の登板になったようで,結果ストライクが入らず3四球の結果となってしまいました。そして,森唯斗投手は,1回肩を作っていましたが,3点の追加点のために登板がキャンセルとなり一汗かいて今日の登板は無しかと思いきや急遽登板となってしまい,こちらも1回作った肩を再度戻すための投球練習が出来ないままでのピッチングになってしまったため,ボールが走らず,連打される結果となってしまったように見えました。結局,巨人のちぐはぐな攻撃により森唯斗投手は助けられる結果となりましたが,岡本和真選手の走塁ミスがなければ,果たして結果が勝利へとつながったかどうかはまったく不透明で,逆転もあったかもしれないと思うのは,ボクの浅はかなところでしょうか!?

 

 

日本シリーズ2019第3戦も!


日本シリーズ2019の第1戦も第2戦も,結果的には巨人のリリーフ陣が打ち込まれ大量失点してしまったため,巨人はなすすべもないまま2連敗してしまったわけですが,この巨人のリリーフ陣の立て直しがなければ,第3戦以降も巨人はとても苦しい展開になると予想されます。

 


もしくは巨人の打者たちが序盤中盤と打線を爆発させることができれば,試合はまた違った展開となるはずですから,1日の移動日をつかって気分一新し,打撃爆発の体勢に持ち込んでほしいと思います。

 


第3戦のソフトバンクの先発は,バンデンハーク投手か和田毅投手のどちらかではないかとボクは思っていますが,いずれの投手であってもファーストストライクから打ちにいき展開を変えていかなければなりません。今ひとつ集中に磨きをかけ,打倒ソフトバンク投手陣を果たしてもらいたいと思います。