みな皆くる来る雑記帳

日々の暮らしに役立つ豆知識を発信していきます。

スカーレットの小池アンリとは?役どころは?烏丸せつこについても!

 

f:id:hidejinjin:20200223142328j:plain

スカーレット111話のラストに不審な人物として登場する小池アンリこと烏丸せつこさんですが,アンリとはどんな人物なのか?その役どころはどんなものか!?烏丸せつこさんについても簡単にまとめてみました。

 

スカーレットの小池アンリとは?


スカーレットの小池アンリとは,スカーレット111話のラストで,喜美子が食事をしている時に忍び足でかわはら工房を訪れた時には単なる謎の人物でしかありませんでしたが,112話で小池アンリと本人が名乗ったので正体がわかりました。

 

小池アンリ曰く,小池といえば,大津では名の通った紡績会社で,その令嬢が小池アンリだということでした。

 

その紡績会社がどれほどのものかは分かりませんが,小池アンリは喜美子の陶磁器の魅力にとりつかれたお客様の一人となるわけです。

 

112話で,かわはら工房に置かれた数々の作品の中から,喜美子が最初に作り上げた何ともいえない色合いの陶磁器を小池アンリは譲って欲しいと言いますが,喜美子にとってもその作品は喜美子の思いが乗り移った作品なので,売るつもりなど毛頭ありません。

 

しかし,小池アンリがあまりにも執拗に譲ってくれと言うので,最終的には800万円とべらぼうな高値を言い渡しますが,小池アンリは,ナ,ナント800万を持ってきて,これで譲ってくれと迫るのでした。

 

最終的には,これは売り物ではなく,喜美子の思いがこもった作品なので,800万円とは言いはしたものの売ることは出来ないと言って,小池アンリには諦めてもらいました。

 

すると,小池アンリはあきらめましたが,今度は,この作品を触らせて欲しいというのでした。

 

喜美子は何のことかよく分からず,触るくらいならどうぞ触って下さいというのですが,小池アンリは,触って,その陶磁器から音楽が聞こえてくると訳の分からないことを言うわけです。

 

喜美子にとっては不思議な小池アンリの言葉で,なんかよく分かりませんが,小池アンリの言うことに共感して,一緒になっていろいろな陶磁器の作品を触って,それぞれの陶磁器から放たれる音楽を味わうのでした。

 

このようにして,怪しげな謎の人物・小池アンリは喜美子に受け入れられ,かわはら工房への出入りが認められ,スカーレットの舞台になじみ混んでいくのでした。

 

 

 

スカーレットの小池アンリの役どころは?

 

スカーレットの小池アンリの役どころは,初めは単なる謎の人物でしたが,正体が分かってからは,かわはら工房に新しい風を吹き込ませる人物であったかもしれません。

 

喜美子は幼い頃から貧乏に次ぐ貧乏で育ってきましたが,小池アンリは,紡績会社の令嬢ということもあってか,陶磁器を800万円で買うとか1本5万円のワインを惜しげもなく喜美子に飲ませるとかパリへ旅行に行こうとかといった感じで貧乏とは全く縁がないような人柄で,喜美子をあっと言わせます。

 

陶磁器それぞれから音楽が聞こえてくると言ったかと思えば,誰かを思う気持ちを持って生きることが大切だと言ってみたりと,小池アンリは,喜美子が持っている感性とは全く違った感性の持ち主であり,そのことが喜美子に大きな影響を与えます。

 

小池アンリがかわはら工房に入ってきた後から,喜美子の八郎に対する気持ちや接し方も変化し,新しい展開となってきました。

 

このように小池アンリは,セレブな雰囲気をかもしだしながらも,話題の一つ一つが喜美子に共感を与えるものがあり,喜美子の気持ちを揺さぶるものがあったと思われます。

 

そんな何ともいえない小池アンリの雰囲気が,スカーレットの展開をさらに新たなるものにしたと言えるかもしれず,そんなところが小池アンリの役どころであったような気もします。

 

 

烏丸せつこについても!

 

烏丸せつこさんについては,そのイメージは,若かりし頃のダイナマイトボディで,裸が最高で,肉体そのものが完璧で,それだけで圧倒的な存在感があるため,ファッションなんて必要ないといった感じだったと思います。

 

ボクは久しぶりに烏丸せつこさんを見たなぁという感じで,おばちゃんになったなぁという印象でしたが,しゃべり方などに雰囲気があり,魅力的な感じがしました。

 

1955年2月3日生まれの65歳ですが,自身が滋賀県大津市の出身だということもあってか,スカーレットの舞台には自然と入ってきて自然と出ていくといった感がありました。

 

ちまたの噂では,最初の結婚も次の結婚も相手の方は既婚の方で,不倫の末の略奪婚であったと言われていますが,実際のところ,どの程度の略奪婚であったのかは分からないため何ともいえませんが,前の妻であった方々には申し訳ありません。

 

ところで,烏丸せつこさんは,スカーレットに出る以前はちょっとブランクがあったような感じもしますが,スカーレットを見る限りでは,とても魅力的な女性を演じてあったので,このスカーレットをきっかけとして,また,映画やドラマでの出演が増えるのではないかとも思えるのですが,いかがなものでしょうか!?

 

いずれにせよ,小池アンリとして出演された烏丸せつこさんでしたが,かなりのアピール度があったと思われますから,今後のさらなる出演依頼があるのではないかと期待され楽しみです。

 

次は,どんな役柄で登場されるのか注目です♪